トップページ

風災条項で屋根修理ができる

   火災保険は、家が火事にあったときに、その被害に対して補償をしてくれる保険ですが、意外と知られていないのが、屋根修理での風災、雹災、雪災による被害の補償条項です。
このサイトは、この屋根修理を風災、雹災、雪災での保険で直すいろいろな解説をしていきます。
 

風災、雹災、雪災、水災、盗難、水漏れ

 

屋根修理が可能な風災条項

   加入時に保険の代理店から火災保険のいろいろな説明を受け納得して入った保険ですが、加入してからは、一度も契約書を見直す、ましてや約款をみる人は殆どいないと思います。
ましてや、火災保険で屋根修理などと思いつかないと思います。損害保険のひとつである火災保険では、火事の他につぎの補償があります。
  1: 風、強風による被害に対する補償 ・ ・ ・ 風災と言う
2: 水の被害に対する補償       ・ ・ ・ 水災と言う
3: 盗難、水漏れの被害に対する補償 ・ ・ ・ 盗難・水漏れ
4: その他の偶発的な破損事故の補償
    
注意: 地震・及び地震が原因の火災、洪水の被害に対しては、別契約を
           結ばないと保険金は下りません。 
         
  1: 風による家屋の被害を風災と言いますが、この風災には、雹災(ひょうさい、ひょうが
   降ってきて家を壊したときの被害)、雪災(雪による、家屋の被害)も含まれます。
   (屋根修理は、この風災の条項を利用して行うことができます)
  2: 水、この水の被害とは、地震が原因でない高潮などの被害。 また台風、大雨等によって
   川などが氾濫し家が浸水したりする被害が対象です。
  3: 盗難、水漏れの被害: この保険条項は、オプションになっていることが多いのですが。
   家の中の高額商品などが、盗まれた被害、水漏れは、上下水道設備の不具合、故障、事故
   などの補償です。
 

具体的な風災事故

   ・台風で瓦が飛ばされた、大型の低気圧が来て暴風雨が起きトタンの一部が剥がれ落ちた。
 ・竜巻でスレート屋根の半分が飛ばされた。
 ・突風で店の看板が剥がれて飛んで自宅のガルバリウム鋼板の屋根にあたり破損。しかしこの
  場合お店側には、自然災害ということで、賠償責任はないので、自前の風災保険で修理。
 ・強風で瓦が20枚ほどずれた、雨漏りの心配があるがこれも風災で瓦調整可能
 ・車が疾風でよろけ、家の外壁に衝突、これも風災の認定がされれば補償金が下りる。
 ・隣りの屋根の雪が大量にカーポートに落ちてきて破損・・・雪害(風災)
 ・雪の重みでトタンの屋根に穴が空いてしまった・・・雪害(風災)
 ・直径5cmほどの雹が降ってきて屋根を破損・・・ 雹災(風災)
などなど、雪、雹、風による被害一般は、風災として申請できます。

トップページ
火災保険のいろいろ
風災とは?(風災条項)
風災時の補償
保険金が下りない場合
(約款の解説)
屋根修理での
保険申請のやり方
保険申請の実際例
屋根の被災例
保険金の下り難い被害
下り易い被害
会社概要
特定商取引法に基づく表示
サイトマップ
リンク集
問い合わせ・依頼


 風災の定義:
自然
災害であり、突発的な風によって起きた事故、台風、竜巻、疾風、突風、暴風、暴風雨、等によっておこる災害を風災という。 
尚、雪、雹による自然災害も風災の項目に入っている
 

風災で屋根修理の話

 

風災条項で屋根修理の費用を

   上は、ある火災保険会社の保険契約書の契約概要です。 有効な保険条項は、火災、風災、水災、盗難・水漏れで、その他の偶発的な破損は、含まれません。 またこの場合は、地震保険にも加入しています。 風災と屋根修理について解説すると ・ ・ ・ ・
  家の屋根が風の被害、台風、竜巻、強風、疾風、暴風雨などにより破損した場合は、その損害額に対して、5万円を超えた分を保険金として受け取れます。 その際の査定される保険金額は、屋根工事屋さんに支払った領収書に対して払われるのではなく、屋根修理見積を参考に被害額を火災保険会社か、又は査定会社が認める「損害額」です。 ですので、保険の申請を出してみてから保険金額は決定されます。 その査定額は、火災保険会社によって、また査定する人によって、まちまちであるのが現状です。 
 

免責条項とは?

  上の例ですと、加入している保険金額は、2000万円で、家の全部を失う全損で、最高2000万円の保険金が受け取れる契約です。 また免責と言って5万円までの損害(払った屋根工事費用ではありません)は、支払われないという契約
です。 火災保険契約上の損害額から5万円を差し引いた金額が補償としてお客様の銀行口座に振り込まれます。 破損したところを復元するのに¥5,001かかると認定されたら、1円が口座に振り込まれます。 (契約内容の要確認です)
  また、一般には火災保険は、火災を念頭に加入する場合が多く、風災を考えて保険に加入されるお客様は、少ないようです。 一般私企業の火災保険は、風災でも手厚く保険金が支払われますが、一般的に○○共済系は、毎月の掛け金は非常に安いのですが、こと風災の補償に対しては、お見舞い金程度にしか補償されていません。 火事の時の保険と考えた方が良さそうです。 その具体的な話は、右上のメニュー「火災保険のいろいろ」を参照してください。
 

風災で屋根修理の費用が下りる場合、下りない場合

 

屋根修理で、風災被害の対象となる細かい基準が示されていない!

   保険の契約書、約款には、風災での被害に対して屋根修理の費用を補償しますと謳っていますが、具体的に屋根がどのようになったら補償の範囲なのか詳しく書いてありません。 屋根修理での査定基準が公に示されていないのです。 ですから被害に遭われた方は、屋根の被害状況を写真を含めて保険会社に報告し査定を受けなければなりません。 屋根修理の見積金額が少ないときは、書類だけで査定をし、早ければ1週間以内に補償金が口座に振り込まれます。 基本的には、この屋根修理費用の支払い申請は、お客様ご自身でやることになります。 補償金が下りるのは、風で破損したところのみで、経年変化によるものは含まれません。また、屋根の被害状況を写真に撮らなければならないのですが、2階の屋根の場合は危険ですので、屋根屋さんにお願いすることになると思います。 報告書はそんなに難しいことはないので、その書き方の一部を参考に掲載しています。 右上のメニューから、参照してください。 
・ ・ ・ ・「屋根修理での申請のやり方」のメニュー参照

  当社は、風災での保険申請代行と屋根修理を承っております。 屋根張替えのご相談もできます。
   <火災保険の風災条項を使って屋根修理ができます>
 1.屋根修理の為に、火災保険(風災)の申請”だけ”でも代行いたします。
 2.調査時に工事のお約束を条件としません。
 3.ゼロ円屋根修理業者のような高額な手数料をとりません。
 4.風災での補償金が下りてから屋根屋さんを選べます。
 5.補償金は、全て屋根修理の費用に充てられます。
 6.もし屋根屋を紹介して欲しい要望があれば、ご紹介します。
 7.勿論、屋根修理、屋根工事”だけ”も承れます。

   屋根修理;風災での火災保険の申請は;
          屋根診断申請ドットコムへ 電話: 0120−087−120
     屋根修理、屋根工事のご用命も
          
屋根診断申請ドットコムへ 電話: 0120−087−120
  Copyright@火災保険で屋根修理ドットコム All rights reserved