トップページ> 屋根修理での保険申請のやり方

屋根修理での保険申請のやり方

   火災保険に加入していれば、風災の被害に遭いその補償金を申請することができます。
その際、必要な書類、必要な事項は、次の通りです。 更に詳しくは代理店か直接損害保険会社のお客様センターおよび補償金受付の窓口にお問い合わせください。 
 

火災保険会社への申請書類・確認事項

   1.保険金の請求書
 2.損害額を証明する書類(当該箇所の修理見積)
 3.当該箇所の写真(損害の証拠写真)
 4.すでに修理が終わって修理費用が支払われた場合は、その領収書
 5.保険金の発生事由の有無の確認に必要な次の事項として、事故の原因、事故発生の
   状況、損害発生の有無および被保険者に該当する事項
 6.保険金を支払わない事由に該当しないかどうかの事項の確認
 7.保険金を算出するための確認として、損害の額と損害および事故との関係(事実関係)
   
通常は、申請が提出されて30日以内に補償金が振り込まれるが、事実関係を照会、調査するために、90日間の猶予がある。 その調査、紹介内容は火災保険会社から通知される
   5.は書面にて確認もできるので、具体的には、つぎのようにすると補償金が早く下りる
 可能性がある。 
   事故報告書を作成し、屋根屋の修理見積を添付し、つぎの事項を記載すると火災保険の査定する側の手間が省け、補償金の振込までの期間が短くなる。

   ア. 事故発生の日付
   イ. 事故発生の状況、事故の原因、(風災ならその風災の原因:台風など)
   ウ. 被保険者の名前、保険証書番号(契約書の番号)
   エ. 損害のあった家(契約物件)の住所
   オ. 事故、風災に遭った箇所、破損した箇所の写真、できればその屋根のある家の
      全体写真もあると良い。 契約物件と損害のあった物件(家)が同一かどうかの
      確認に役立つ、もち調査が必要なときその物件を確認しやすい。
   カ. 屋根の見取り図(簡単でよい、屋根の形と当該箇所を示すと更に良い)
損害保険会社に提出する書類は、代理店の方経由でも、直接保険会社の保険金請求窓口に
だしても良いです。 また請求書は専用の書式があるので、事前に聞いてもらっておいてください
トップページ
火災保険のいろいろ
風災とは?(風災条項)
風災時の補償
保険金が下りない場合
(約款の解説)
屋根修理での
保険申請のやり方
保険申請の実際例
屋根の被災例
保険金の下り難い被害
下り易い被害
会社概要
特定商取引法に基づく表示
サイトマップ
リンク集
問い合わせ・依頼
   <火災保険の風災条項を使って屋根修理ができます>
 1.屋根修理の為に、火災保険申請のお手伝いをします
 2.屋根の調査をいたします
 3.ゼロ円修理業者のような高額な調査料を修理代金に上乗せしません
 4.風災での補償金が下りてから屋根修理をはじめます
 5.補償金は、全て屋根修理の費用に充てられます。
   屋根修理;風災での火災保険の申請は;
          屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
     屋根修理、屋根工事のご用命も
          
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
  Copyright@火災保険で屋根修理ドットコム All rights reserved