トップページ> 風災時の補償

風災時の補償

   火災保険の中には風災(台風、疾風、暴風、暴風雨など)で屋根が破損したとき、その損害に対して補償金を支払う条項があります。(風災条項) またこの補償金(保険金)は、その損害に対して支払われるもので、修理したあとの屋根屋さんの請求書に対して支払われるものではありません。
どういうことかというと、補償金は、請求があった日から30日以内に査定後支払われますが、その使い道は、被害に遭われた方の自由で、何に使ってもかまいません。 
 

風災時の補償金

   風災時の補償金の限度額は、契約している火災保険の契約金額で、建物の契約金額が一千万円なら、最高でも一千万円までの補償金がでます。台風で家が全壊しても一千万円の補償金です

 その他の小さい風災破損事故に対しては、それが本当に風災であるならほぼ復旧するのに必要な修理費は補償金で賄えるのが殆どです。 しかし、修理費の高い屋根屋に見積を頼んで、その見積で保険請求をしたら、減額されるか、異常に高い見積だと補償金を拒否されることもあります。

 また”無料屋根修理業者”などの変な業者に見積や請求を任せると下手をすると、異常に水増しされた金額の為に自分も保険金詐欺になってしまうことにもなります。

ですから、保険請求は、信用できる屋根屋で見積をもらって自分でやるか、申請の専門ならそこに屋根調査と保険申請だけ、お願いすれば間違いがないと思います。 きちんと調査してくれて、申請も手筈通りにやってくれます。 工事、修理は補償金が入ってから、予算内でできるところを探せばいいのです。 安く修理できれば、残ったお金は、自由に使うことができます。 
 

風災:実際の補償金の額、支払のこと

  竜巻で損壊した瓦、寄棟
4面ある屋根の面の
1面がひどくやられている 
   こんなに瓦が飛ばされるのは、珍しいかもしれませんが、これは実際に竜巻で破損した屋根です
地方や、古い建物の屋根ですと、引掛け桟の瓦が多く、突風や竜巻では、簡単に剥がれてしまいます。最近の耐震工法では、こんな被害にはならないのですが、瓦が桟木にビスで固定されておらず、枕のような桟木に引っかけてあるだけの工法でした。
トップページ
火災保険のいろいろ
風災とは?(風災条項)
風災時の補償
保険金が下りない場合
(約款の解説)
屋根修理での
保険申請のやり方
保険申請の実際例
屋根の被災例
保険金の下り難い被害
下り易い被害
会社概要
特定商取引法に基づく表示
サイトマップ
リンク集
問い合わせ・依頼
    見えている面の2/5、面積でいうと、50uの内の20uの瓦の被害です。 これを復旧するのにいくらかかるか? 悪いことに瓦が古く手に入り難いもので、特注になり普通に破損したところだけでも130万円ほどの見積になってしまいました

実際に火災保険の鑑定士が調査にもきまして、事情をはなしましたので、130万円満額の補償金が、お客様の口座に振り込まれました。 彼らはその瓦の値段も調査したようです。 当たり前ですが・・・

で、実際の工事は、破損したところと他の3/5の瓦の色艶が違ってしまい、おかしな屋根になってしまうので、実工事は、1面違う、でも他の面と同じような新しい瓦での葺き替えになりました。 

瓦も普通のものを使いましたので、90万円ほどで修理が完了いたしました。 他の屋根面とは、多少瓦の具合が違って、良く見ると違う瓦だとわかるのですが、火災保険屋さん、施主、屋根工事屋の双方が納得した結果です。

このように、補償金は、その破損したもところを風災に遭う直前の状態に復旧させるのにかかる費用の補償です。 その申請を鑑定士が認めるかどうかです。 特にこの状況について嘘は言っていないので、保険金の詐称とはなりません。
 
 

上の例を”無料屋根修理業者”が扱うと・・・

  検索で火災保険を使った屋根修理の業者を探すと、”無料屋根修理”とか”ゼロ円で屋根修理”ができますとかの広告をかなり見ます。 彼らがこのような案件を扱うとどうなるか? 検証しましょう。  
   復旧させるのに、130万円かかりその金額で保険請求をするまでは同じですが、それから後ががらっと変わります。
まず、彼らはお客様の口座に振り込まれた金額を全額取ります、調査、申請料は無料ですが、保険金が入ったら、手数料で40%の、52万円です。 当然残りの78万円で修理をするのですが、元の瓦では修理不能です。 費用がたりません
ここから他の方法での修理となりますが、他の方法へチェンジする理由が先とは大きく違います。 多分彼らは儲けを確保する為、持ち出しを成るべくなくすために、破損したところだけを違う瓦で直そうとするでしょう。 それが安く工事を上げる方法だからです。 もしあなたが、そんなものは受け入れられない、破損した面は、同じ瓦を使って葺き替えをして欲しい要求をしたとします。 彼はどうすると思いますか? 提携業者の他、この工事を78万円以下でやる業者を必死で探すのです。 その屋根屋はどうでしょう? 相場より安い工事費でやらなければならないのです。 当然手抜きになり易いですし、材料も良いものをつかえないでしょう。 彼らは顧客のことなど何も考えていないのです。
 
   <火災保険の風災条項を使って屋根修理ができます>
 1.屋根修理の為に、火災保険申請のお手伝いをします
 2.屋根の調査をいたします
 3.ゼロ円修理業者のような高額な調査料を修理代金に上乗せしません
 4.風災での補償金が下りてから屋根修理をはじめます
 5.補償金は、全て屋根修理の費用に充てられます。
   屋根修理;風災での火災保険の申請は;
          屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
     屋根修理、屋根工事のご用命も
          
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
  Copyright@火災保険で屋根修理ドットコム All rights reserved