トップページ> 風災とは?

風災とは?

  殆どの火災保険では、火災の被害以外にも、条件はあるものの、風の被害、大雨の被害、水の被害、盗難に対して被害の補償をしてくれくれます。 その中で屋根に関する被害を補償してくれるのが、風災条項です。 風災とは、具体的に;
     ・ 強風での屋根の破損
     ・ 竜巻による屋根の破損
     ・ 台風、暴風雨による屋根の破損
     ・ 突風、疾風による屋根の破損
 これらの強風が直接屋根を破損させる場合は、もちろんですが、強風で物が飛ばされて、
 屋根にあたり、その為に屋根、防水シートが破れ雨漏りになった場合も補償の範囲です。 
 瓦がめくれた。 瓦がずれた、止め釘が外れてスレートが数枚飛ばされた、トタンが強風で
 飛ばされた、雨どいが、下から風に煽られて屋根の一辺分全部はずれた。 などなど。
 
 風で受けた屋根の被害は全て補償の範囲です。 この状況を写真に撮り、被害の日時、場所
 住所を報告書にまとめて、保険会社に提出すれば、保険金がおります。 この保険申請ですが
 一番問題なのは、2階の屋根だと、写真を撮ると言っても、そう簡単ではないことが多いです。

 危険ですので、自分で2階の屋根に登るのはやめたほうがいいと思います。 ここは屋根屋か、 
 それに慣れた人に依頼した方が無難です。 (われわれは、屋根調査として破損箇所の写真
 をとり、被災報告書を作る仕事をしています)

 

火災保険の補償金が下りる風災とは?

   火災保険での補償とは? 補償金がおりない場合など、火災保険の約款に
 こう記されています。
   1: 「台風、旋風、暴風、暴風雨などの風災によって保険の対象について生じた損害を風災
  といいます。 ただし、建物内部については、建物またはその開口部が風災によって直接
  破損したために生じた損害に限ります」
   2: 次の場合については、保険金をお支払しません
   「保険の対象に次の事由に起因して、その事由が生じた部分に発生した損害
トップページ
火災保険のいろいろ
風災とは?(風災条項)
風災時の補償
保険金が下りない場合
(約款の解説)
屋根修理での
保険申請のやり方
保険申請の実際例
屋根の被災例
保険金の下り難い被害
下り易い被害
会社概要
特定商取引法に基づく表示
サイトマップ
リンク集
問い合わせ・依頼
      ア. 自然の摩耗または劣化
    イ. ボイラースケールの進行
    ウ. 性質による蒸れ、変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、点検または調整の
       作業中における作業上の過失または技術の拙劣によって生じた損害
    
    保険の対象に対する加工、解体、据え付け、組み立て、修理、清掃、点検または
    調整等の作業上の損傷、または保険の対象の汚損であって、保険の対象の機能に
    支障をきたさない損害
   3: 1回の事故につき、支払限度額(保険金額)を限度として、次の算式により損害保険金
    の額を算出します。 

    第8条(損害額)に定める損害額 − 保険証券記載の免責金額 = 損害保険金の額
    
  第8条 (損害額の決定)
    損害保険金として支払うべき損害の額は、次の算式により算出した額とし、損害が生じた
    保険の対象の再取得価額を限度とします。 ただし、保険の対象の全部が滅失した場合に
    おける損害額および盗取された保険の対象の損害額は、再取得価額とします。

    修理費 − 修理にともなって生じた残存物がある場合は、その時価額 = 損害額
  ※ 時価額とは、保険の対象の再取得価額から使用による消耗分(減価分)を控除して
  算出した額を言います。
※ 復旧しない場合の修理費は、修理を行えば要すると認められる費用をいいます
   4: 第30条 (時効)
        保険金請求権は、第28条(保険金の請求)(1)に定める時の翌日から起算して
        3年を経過した場合は、時効によって消滅します。
(正確には、ご自分が加入されている火災保険の契約書及び約款を参照してください。
  ここでは、東京海上日動の火災保険約款を参照しています。 参考になれば幸いです)

   1、2、3、4の簡単な解説:
   1.は家の内部についての損害は、直接風が壊したものでなければ補償しませんと言っています。
つまり、風でドアが飛ばされ、部屋の中のTVを壊してしまっても、ドアは直接の被害なので補償の対象ですが、TVは、ドアが壊したので補償されないと言っているのです。

2.は火災保険の風災に関する項目は、経年変化に対しては、補償金を払いません。 何か人間が手を加えた後の損害(人災)も補償金(保険金)を払いません。 ・・・と言っています。 当たり前ですが

3.は免責と損害額の決め方です。 免責とは、火災保険会社が保険金の支払いを免除される
金額で、5万円の免責契約なら、5万円は、かならず差し引いて補償金が支払われます。 

 損害額のところには、変な文 ”修理にともなって生じた残存物がある場合は、その時価額”
とあります。 これは、修理に伴って交換した材料の壊れた方が残ります。 廃棄するのですが、これにまだ価値が残っていれば(減価償却的に)、その額を差し引くというものです。 正確には分かりませんが屋根の材料ですと大凡5年で価値がなくなります。

4.は覚えていた方がいいかもしれませんが、被害をうけてから、3年以内の保険申請を出さないと
補償金の権利がなくなります。
   <火災保険の風災条項を使って屋根修理ができます>
 1.屋根修理の為に、火災保険申請のお手伝いをします
 2.屋根の調査をいたします
 3.ゼロ円修理業者のような高額な調査料を修理代金に上乗せしません
 4.風災での補償金が下りてから屋根修理をはじめます
 5.補償金は、全て屋根修理の費用に充てられます。
   屋根修理;風災での火災保険の申請は;
          屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
     屋根修理、屋根工事のご用命も
          
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
  Copyright@火災保険で屋根修理ドットコム All rights reserved