トップページ> 保険金が下りない場合

保険金が下りない場合

   台風や突風などでやねの一部が破損して、加入している火災保険の風災条項で、屋根修理をする場合、どのようなとき補償金が下りて、どのようなときにおりないのか? 
 

補償金(保険金)が下りる場合、下りない場合場合

   火災保険の契約の基本である火災保険の約款(やっかん)にかいてあります。 それによると屋根などの破損事故は、「その被害が台風、旋風、暴風、暴雨風など異常気象による損害があった場合に、被保険者に補償金を支払います」とあります。

その被害が風災など異常気象によるものかどうかは、誰が判断するのでしょうか?

それは、損害保険会社の査定人か、損害会社と提携している鑑定会社の鑑定人です。 当たり前のことと思うでしょうが、約款は法律文章なので、正確に読んでください。 で、どのような場合、査定者、鑑定人が風災と認めるのか?
   まず大きな問題は、その被害が、突発てきな事故なのか、老朽化、経年変化によるものなのか? とい問題です。 事故報告書および写真を査定人が見て、判断します。 

屋根の一部での事故であれば、何かその形が変形している必要があります。 屋根材料の経年変化で形が変わるのは、たわみ、歪み、反りなど、割れることもあるかもしれません。 

それに対して突発的な風で屋根材が被害をうけるとしたら、屋根材が、飛ぶ、外れる、ずれる、元の場所から移動する、割れるなどです。このような場合は、写真をみれば、事故が起こったことが明らかです。 補償金の対象です。
   補償金が下りない場合は、まず経年変化である場合; 約款には、こうあります。
自然の摩耗または劣化、性質による蒸れ、変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食の場合は保険金をお支払しません」 まあ、屋根について言えば、屋根材の化学的な変化については、風災と認められないということです。 
 

事故か、経年変化か微妙な事例;

   スレート屋根で、棟の部分は板金で覆ってあって棟包みという部品があります。 これが台風などで飛ばされることが時々あります。 この飛ばされた棟の写真を撮って報告書を提出すると、鑑定人は何をまず見るかと言うというと、撮られた写真の釘があった部分、そっこが錆びていて釘が引きちぎられているような痕跡があったら、これは風災ではなく、老朽化による事故ではないですか? と補償金の支払いを拒否しようとします。 
トップページ
火災保険のいろいろ
風災とは?(風災条項)
風災時の補償
保険金が下りない場合
(約款の解説)
屋根修理での
保険申請のやり方
保険申請の実際例
屋根の被災例
保険金の下り難い被害
下り易い被害
会社概要
特定商取引法に基づく表示
サイトマップ
リンク集
問い合わせ・依頼
  こちらはこれに反論しないと補償金は貰えないわけで、こう主張したりします。 「確かに釘の部分は錆びているが、通常の状態では、棟包みは棟にあった強風のため外れた。これは事故です」と、この場合の落ち着き先は、その棟包みの板金を元通り新しい釘で固定する修理費が、補償金として支払われるます。 しかし、新しい棟包みを施工したり、棟の中を新たに心材をいれて補強したりする補修費は、でないのです。

何故か?

これも、約款にあります。 「修理費とは(約款上)損害が生じた地および時において、損害が生じた物を事故の発生の直前の状態に復旧するために必要な修理費をいいます。」と・・・

つまり、破損したところを被害の直前の状態に戻すための補償金を支払いましょうというのが火災保険の補償の範囲なのです。 これを厳しく運用するか、甘く運用するかは、損保会社の鑑定人によりるのです。 会社によるかもしれません。 新しい棟包みの修理費を請求しても、認められるかもしれません。 報告書の書き方も影響するでしょう。
  修理費とは(約款上)
 損害が生じた地および時において、損害が生じた物を事故の発生の直前の状態に復旧するために必要な
修理費をいいます。 この場合、損害が生じた物の復旧に際して、当社が、部分品の補修が可能であり、かつ
その部分品の交換による修理費が補修による修理費を超えると認めたときは、その部分品の修理は、補修による修理費とします。
事故の発生の直前の状態: 構造、質、用途、型、能力等において事故の発生の直前と同一の状態をいいます。
   <火災保険の風災条項を使って屋根修理ができます>
 1.屋根修理の為に、火災保険申請のお手伝いをします
 2.屋根の調査をいたします
 3.ゼロ円修理業者のような高額な調査料を修理代金に上乗せしません
 4.風災での補償金が下りてから屋根修理をはじめます
 5.補償金は、全て屋根修理の費用に充てられます。
   屋根修理;風災での火災保険の申請は;
          屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
     屋根修理、屋根工事のご用命も
          
屋根工事お助け隊へ 電話: 0120−58−1152
  Copyright@火災保険で屋根修理ドットコム All rights reserved